>>ブログトップへ

2013年6月

6月 16 2013

雑誌(定期刊行物)の料金体系の変更につきまして

いつもお世話になりありがとうございます。

書籍の電子化サービスにつきましてこの度「雑誌」の料金体系を改めましたのでご案内いたします。A4超の書籍および雑誌は一般図書の2冊分の料金になります。雑誌を請け負う他の業者様が少ないこともあり、弊社への依頼が増えており、雑誌のやりにくさの為、採算が採れないような状況になっております。大変心苦しいですがご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、雑誌の定義といたしましては以下のように定めさせていただきます。

————————————————————————————-
■定期的に刊行される週刊、月刊、隔月間、季刊、年刊などの出版物は「雑誌」といたします。
※定期刊行物であれば専門誌、学術誌、官公庁誌、企業誌、団体・協会誌、同人誌なども雑誌です。
体裁としては、複数の著者が複数の記事を掲載し、広告を含むことが多いです。

————————————————————————————-

雑誌のような形態でも定期刊行物でないもの・・・「ムック」と呼ばれる書籍がございます。「ムック」につきましては定期刊行物ではないためA4を超えなければ「一般図書」として扱わせていただきます。

詳細は下記ページにございますのでどうぞご参考ください。

http://imaiku.net/magazine/index.html

0コメント